2014 にーまるいちよん

皆様、今年一年ありがとうございました。
開店1年目なんとか1年間生きてこれたなと言うのが素直な気持ちです。沢山の方々にお世話になりながら過ごして来ました。本当にありがとうございました。まだまだ至らぬところだらけですが来年も水たま書店をどうぞ宜しくお願いいたします。
皆様にとって来年も良い年になりますように。
水たま書店
水田まこと

お久しぶりです。今年も残すところあと半月となりましたね。去年の今頃は開店準備で色々とバタバタしていました。一年たって少しは落ち着くかなと思いましたが今も変わらず毎日バタバタしています。個人経営にもやりたい事ややらなきゃいけない事が沢山つきまといますのでいくら時間があっても足りないです。忙しさに比例して売上げものびてくれれば良いんですが中々そうもいかないですね。
こんなもんじゃない。まだまだやらなきゃいけないなと一年を振り返ってふと思いました。来年は今よりもっともっと仕事に打ち込めるよう頑張ります。
1月にまた高円寺の展覧会に参加させていただきますので時間がある方は是非いらして下さい。接客はあまり得意ではないんですが直接、場で販売するのはやはり楽しいです。やらなきゃいけない事が増えますので大変なんですが仕入れの幅が広がったりと色々勉強になる事もあります。いつまで展覧会を続けるかはわかりませんがやるからには楽しんでやろうと思います。
全く話は変わりますが、先日父親が家で倉庫整理をしている時に脚立から転落し背骨を骨折しました。幸い命に別状はなく数ヶ月で治るみたいです。母親から電話があった時はびっくりしましたが無事で良かったです。遠く離れて暮らしていますので中々会えず心配ばかりかけていますがこれからはもう少しちょくちょく帰れたらなと思います。お互いに何があるかわかりませんので元気なうちに色々コミュニケーションしないといけないですね。皆さんもこれからもっと寒くなるでしょうから路面の凍結による転倒や大掃除の時など気をつけて下さい。自分は大丈夫と思っていると予期もしないような事が起こってしまいます。私も色んな意味で身を引き締めて頑張ります。

やすらぎ

お久しぶりです。もう11月も終わりですね。あっという間に一年が終わります。本当に早いです。あっという間です。早いです。
先日、実家のある奈良に帰りました。友達の洋服屋の5周年パーティがあり少しでも顔を出せたらなと思い行ってきました。私がお店に着いた頃にはほぼ終わりかけだったのですがお客さんや友達、従業員に囲まれてとても輝いている姿に嬉しい気持ちになりました。自営業をやる事は誰にでもできると思います。フリーターと何も変わりませんから。でも自分のお店を続けていく事は並大抵の努力ではないと思うしセンスも必要だと思います。自営業は水鳥みたいなものではたからみれば気楽に浮かんでいるようでも水の中では必死に足を動かしているんだと思います。
次の日、営業モードになったお店も見に行きました。絶対に従業員のみんなのおかげだろうと思うような彼からは想像もできない程にお洒落で女性らしく可愛い店内でした。このお店を1から作り上げたんだから森は本当にすごいよ。本当におめでとう!
奈良に帰ったら行きたいと思っていたお店がもう一軒あったのでそこにも行ってきました。 THROAT RECORDS と言うレコード屋さんです。lostageの五味さんがやっているレコード屋さんで友達のお店の近くにあります。店内の棚などはほとんど自分で作っていてDIYの塊みたいなお店でした。元々は事務所として使う予定だったらしいのですが路面店と言うこともあり折角ならと言う事でレコード屋をはじめたらしいです。自分が店に立ってる事で色々な人が足を運んでくれる場所になって欲しいと言っていたのが印象的でした。実際に私自身も五味さんがいなかったらお店に行っていなかったかもしれません。
ただレコードを買うだけならネットで買えるかもしれません。ただ洋服を買うだけなら無数に洋服屋はあると思います。この時代にわざわざ足を運ぶ理由があるお店は本当に素敵だなと感じました。物を買いに行くだけの場所ならそこらじゅうに溢れてますから。この時代だからこそ大切なのかもしれません。
皆さんも奈良に行かれた際は是非立ち寄ってみて下さい。
私の店はネット販売専門なんですけどね…。

 

恥ずかしながら

お久しぶりです。ほぼ一ヶ月ぶりの更新です。何かとバタバタしてます。事務所が本で溢れかえってるので古本屋なのにもう本見たくない的な感情がたまにこみあげてきます。来月は展覧会もあるので頑張ります。
先日、ふと昔の恥ずかしい出来事を思い出し胸が痛くなりました。皆さんは思い出すのも恥ずかしい出来事はありますか?もう10年ぐらい前だと思うんですが親戚の結婚式に出席しました。式場内のチャペルで結婚式をあげ、その後に披露宴が行われました。多分、100人ぐらいはいたでしょうか。その披露宴で歌を歌って欲しいと頼まれていた私は一ヶ月程前からあれを歌おうかこれを歌おうかとカラオケに行って練習したりしてました。係りの人が来て歌う曲を教えて欲しいと言われたので湘南乃風の「純恋歌」をお願いしました。最高のラブソングです。あれよあれよと私が歌う時間になりました。司会の人に紹介されイントロが流れた時、「ん?何か違う!」何と流れてきたのは長渕剛の「巡恋歌」でした。司会の人に「どうしますか?」と小声で言われたのですが流れを切るのも何か悪いと思い、歌詞もうる覚えだったので多分大丈夫だろうとこのまま歌いますと言いました。しかし、長渕剛の巡恋歌は失恋ソングでした…会場はこの世とは思えない程の凍りつきようでした。キーンです。音にするならキーンです。皆の見る目!皆の見る目が怖い!罰ゲーム以上の罰ゲーム。人生で最も長い5分間でした。申し訳なさと恥ずかしさで今思い出しても胸が痛いです。親戚の皆さん本当にごめんなさい。
皆さん季節の変わり目、風邪を引かないようにお気をつけ下さい。

The High Lows 笑ってあげる

ピロリ

お久しぶりです。10月になりましたね。半袖じゃ肌寒い季節になりました。10月は自分の誕生日月なので昔から好きな月です。歳を重ねるにつれて誕生日と言っても嬉しさはなくなりますね。実際に流れてる時間と自分の中の時間にかなりズレがある気がします。学生時代はみんなで足並みを揃えて同じ時間を共有していた気がします。高校卒業するまでは住んでいる場所は違ってもほとんどの人間がそれほど変わりない生活していると思います。それが社会にでて働き始めるとみんなが同じような時間を過ごす事はだんだんと減ってきます。ある人は一段飛ばしで階段を駆け上がってるかと思えばある人は立ち止まったまま下手したら転げ落ちてる人もいます。今、自分が歩いてる道はあいつが20代の時にすでに歩いてた道じゃないのかな?なんて無意味な事が頭をよぎったりと時間は平等なはずなのに中身は平等ではありませんからね。だからって愚痴を言ってても仕方ないので色々な感情を武器に頑張っていきます。60過ぎのおかんが人生は一瞬だと悟った僧侶みたいな事言っていましたが、本当に一瞬なんだと思います。だから小さな悩みで悩んでる暇なんてないんですね。動き出さないと終わってしまいます。
そう言えば、おかんがピロリ菌検査でピロリ菌がみつかったと連絡がありました。しかし、私は昔、検査した時にピロリ菌はいないと検査結果がでました。母親にピロリ菌がいると子供にいる確率が高いと言われていたのでおかんから連絡があった時は「なんでや?」と思いましが小さいころの自分は子供ながらに感じていたんでしょうか。おかんのピロリ菌を。早くピロリ菌を撃退してください。

 

ただの男

久しぶりのブログ更新です。月に2回しか更新しないブログを読んでる人なんかいないんじゃないかと思いながら書いています。和書の目録を更新しました。HPには3,000円以上の書籍しか載せていませんが他にも「日本の古本屋」に多数出品していますのでよろしくお願いいたします。

気がつけばエアコンも冬までお休みの季節になりましたね。今年もあと3ヶ月で終わりです。本当にアッと言う間の9か月でした。2014年は自分の人生でとても大きな一年になりました。人一倍臆病で心配性な私が自分でお店など始めると考えもしませんでした。色々な人に支えられて何とかやっていけてます。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。いつか恩返しができたらなと思っています。ベテランの店主さんに「どんなものを扱ってるの?」とたまに聞かれますが「ネット中心の商売の為全般的に・・。」と答えるしかなくいつか「これです!」ってものが見つかるのかなと他人事のように考えています。それでも色々な事はしていきたいと思い、11月には西部古書会館で催事に参加させていただきます。2回目の外での販売です。11月最終週の土曜日・日曜日(11/29,30)ですのでお暇な方は是非遊びに来ていただけたらと思います。お買い得な商品を持って行こうと考えています!

仕事の悩みを良く耳にしますが私は仕事ではなく人生(ライフスタイル)と人間関係を考えるようにしています。どんな仕事にも嫌な所があって、他人との関わり合いがあると思います。どんな仕事がしたいかじゃなくてどんなライフスタイルをおくりたいかを真剣に考えてみてそれにあった仕事を選ぶのも良いと思ってます。趣味を楽しみたい・旅行をしたい・バリバリ働いて稼ぎたい・お金より時間を大切にしたい・好きな時間まで寝ていたいなど等、人それぞれの理想の生活があると思います。それを実現するのは本当に大変ですがそれでも充実した時間を過ごせるとは思います。人間関係は働いてみないとわかりませんが、嫌な仕事でも人に救われる時はあると思います。できるならそんな仲間のいる職場で働きたいですね。多分このブログを読んでいただいてる方よりも崖っぷちな私ですが日々充実しているのは確かです。この夢を終わらせないために明日も頑張ります。

青春の影(1982)/チューリップ

明らかに

仕事とかの話。職場の周りに猫が数匹いて毎日見かけます。だいたい寝てるか寝場所を探して歩いてるか逃げるかしてます。飼い猫か野良猫かわかりませんがたまに写真撮らせてもらってます。すっごい嫌そうな顔をされますが。昔、テレビで動物の特集をやっていました。だいたい寝てるか移動してるかでした。しかし、肉食動物は獲物を狩る時は死に物狂いで追いかけていました。逆に草食動物は常に狙われていないか警戒しながら暮らしていました。どちらも死ぬかもしれない危険がすぐそばにあります。人間は外敵から守る為に社会を作り、文明を作り今や日常生活を送っていて外敵に殺される可能性はかなり低くなりました。外敵より人間に殺される可能性の方が高そうですね。それでもご飯は食べないともれなく死んでしまうのでみんな働いてお金か食料を得ています。そんな社会に暮らしてる私も毎日だらだらと働いてどうにかこうにか生活しています。死に物狂いで獲物( お金・食料)を追いかけているかは疑問ですが。野生に帰ればこんな私も死に物狂いで食べ物を追いかけるんでしょうか?
全く関係ない話ですがラジオで「諦める」の語源を話していました。「諦める」は「明らかにする」が語源になっているらしく、物事を明らかにした時にマイナスに力がはたらいた場合の事らしいです。例えばA君はBさんが好き。でもBさんの気持ちは分からない。告白したらBさんは好きな人がいたとわかった。Bさんの気持ちが明らかになったのでA君はBさんを諦めた。って感じでしょうか。諦めるには明らかにする必要があるのかもしれないですね。
料理は足し算、人生は引き算。何のこっちゃ。

Old & In The Way – Hobo Song

夏の終わり

お久しぶりです。だんだんと秋らしくなってきましたね。甲子園も終わり、後数日で八月も終わりです。皆さんはどんな八月を過ごしましたか?今年は海やプールに行ってないので9月のクソ暑い日に行けたらななんて思ってます。
今年もコミケに行ってきました。コミケとはコミックマーケットと言って毎年夏と冬に東京ビッグサイトで開催されている日本最大級の同人誌イベントです。3日間で50万人とも言われる来場者があり若干引くぐらい人の海です。たまに人の熱気で会場に雲ができます。もういったい何なんでしょうか…。コミケのマナーの問題をネットで見ましたが何か残念ですね。どんなフェスやイベントにもマナーが悪い人はいると思うのでコミケに限った事じゃないでしょうが…コミケにお客様はいないんですよ!皆が参加者なんですよ!
どんなものでも好きなものに真っ直ぐいれるってのは素敵だなとコミケやライブに行くと改めて感じます。時間も忘れて熱中できるものがありますか?自分が今やっている古書店も「色々なお客さんがいるんだろうな」とたまに想像したりします。資料として本を買う方、コレクションとして、ただ読みたくて買う方。時間も忘れて熱中できるものが例えば本だと言う方がいらっしゃれば、そんな方も楽しんでいただける本屋に少しでもなれれば私も楽しいなと思っています。

Poor Old Dirt Farmer – Levon Helm

夏の朝にキャッチボールを

甲子園、うだるような暑さ、キンキンに冷えた部屋、終戦記念日。この時期は昔から何故か懐かしさを感じます。学生の時、夏休みは毎日ぐだぐだと過ごしていました。30を過ぎてもその癖が抜けないのかこの季節は仕事をするのにいつも以上にパワーがいる気がします。この夏は七夕祭りに行ったりBBQをしたりとそれなりに夏を楽しんでいます。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
先日、生まれて初めて取材を受けました。電話での軽いものだったんですが改めて色々聞かれると自分の空っぽさに気づかされました。でも人生なんてその空っぽを埋めていく作業だと思うのでそれはそれで良いのかなとも思います。色々な考えの書店さんがいて色々なやり方の書店さんがいてそれが最近は本当に楽しいなと思います。昔からめんどくさい人間関係や色々な事が嫌で結局は自営業を選択したはずなのに、それはいつまでたっても無くなる事はありません。いくら逃げても他人に責任を押し付けてる限りは根本的に何も変わらないでしょうね。きっと世界中で自分の事が好きな人より嫌いな人の方が多いんじゃないでしょうか。それは関わりもない他人が大多数だからです。その少ない関わりのある人もどれだけ自分を好いていてくれてるかなんてわかりません。そんな少ない関わりのある人の中のさらに少ない人達が自分の事を好きでいてくれてるなんて奇跡ですね。
何かを他人に求めるんじゃなくて常に誰かに何かを与えていけるようになりたいです。その時は自分も何かを感じられる人間になっているのかななんて思います。今、お前どんな人間やねんと。
甲子園、地元の高校は負けましたがまだまだ暑い夏は続きそうです。皆さん熱中症にはお気を付け下さい。

FLEETWOOD MAC  Hellhound On My Trail

からんころん

久しぶりの話。先日、地元の友達とご飯を食べに行きました。3人で会ったんですが1人は1年ぶりぐらい、もう1人は前回いつ会ったかもはっきりと覚えてないくらい久しぶりに会いました。仕事があったので私は少し遅れて行ったんですが、「先に入っとくよ」に続き「チェックイン」の言葉で締めくくられたメッセージとともに送られてきた店の場所はラブホ街の中華料理屋。個室が良いと聞いていたのでたまたま良い個室の店がそこしか無かったのかなと思って「どうしてその場所なんだ」と言う愚問は頭の隅に追いやって待ち合わせの店に向かいました。到着して店の扉をあけるとだだっ広い部屋にテーブルがどかどかと並べてある普通の中華料理屋さん。その中央らへんのどでかいテーブルで2人は飯を食べていました。どうしてこの場所を選んだんだと、個室はと。しかし、そんな事すぐにどうでも良くなりました。会って1分もしないうちに懐かしさはなくなりあの頃よりあの頃らしい時間を私は過ごしていました。フジロック帰りの2人に加山雄三や鳥羽一郎のフジロックでの話を聞き、20人部屋に1人で泊まった話を聞き、来年は3人で行けたらななんて思ってました。
10代の頃に3人ともにバンドをやっていて理由なんていらない場所であーでもないこーでもないと叫んでいましたが30歳を過ぎてまた理由なんていらない場所でお酒を飲みながら適当に語り合ってる姿はトモダチって良いなと照れくささもなく感じさせてくれる時間でした。

今回遊んだ友達の一人は地元奈良で「SLOW JAMっていう洋服屋を奈良公園の近くでやっているので近くに遊びに行った方はのぞいてあげてください。

SUPER BUTTER DOG – サヨナラCOLOR

since 2014