江戸期 新潟佐渡山田村善兵衛 中困窮嘆願書 古文書写本

ご購入の希望の方はこちらへ
2016.10.31 掲載商品の為、品切れの場合がございます。

タイトル:佐渡国中困窮嘆願書
墨付七丁
佐渡山田村善兵衛
天保9年

解説:内題に「一国惣代願書写」とあり。一国惣代願書の写本か?佐渡山田村善兵衛は江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。寛政5年生まれ。佐渡(新潟県)羽茂郡(はもちぐん)上山田村の農民。天保(てんぽう)9年佐渡奉行に対する不満を佐渡一国惣代として巡見使に上訴し,投獄された。島内の農民は米屋などをうちこわす一揆(天保一国騒動)をおこしたが,鎮圧され,善兵衛は天保10年江戸で獄死した。47歳。姓は中川。

※解説の文章につきましては、前持主の方の解読・推察によるメモをたよりに作成いたしました。当方、専門的な知識を持ち合わせていない為、詳細不明です。尚、鑑定保証はしておりません。

備考:和綴じ。折れ跡。シミ汚れ有。日焼・汚れ・イタミ有。
サイズ:約19.5cm×約27cm

広告