戦国大名資料 大呂村墓図 長連龍家系図 関ヶ原の戦 古文書

ご購入の希望の方はこちらへ
2016.10.31 掲載商品の為、品切れの場合がございます。

タイトル:
・大呂村墓図
・長連龍公?連弘公九代家譜  加賀藩士作

慶長5年8月関ヶ原の戦の際、前田・長連龍軍は北陸で丹羽長重軍と戦い浅井畷で大苦戦となり連龍の部下九名を失う。大呂村墓図は戦死の場所に墓を建てる。長家家譜は天文の初代連龍公より天保の連弘公迄の詳細。

年代:大呂村墓図 江戸中期
長連龍公?連弘公九代家譜  天保期

備考:虫損。折れ跡。シミ汚れ有。日焼・汚れ・イタミ有。
サイズ:大呂村墓図 35×47
長連龍公?連弘公九代家譜 34×24

広告